FC2ブログ

お盆 2013

「分からない」……だけど
 
 お盆だからといって、何も特別なことはしないはずの浄土真宗でも、やっぱりお盆は忙しい。忙しい昨年の8月14日のことだった。
 朝からお参りに出かけて、ようやくその日の最後の1軒となった。そのお宅では、お勤めしていると、必ず後ろで、カチャカチャという音が聞こえて来る。
大きなラブラドールレトリバーが室内で飼われていて、お勤めが始まると、奥から出て、仏間にやって来るのが、廊下を進む独特の爪音で分かるのだ。
 ところが、その日はお勤めが終わるまで、その足音が聞こえない。どうしたことかと尋ねてみると、14歳という老齢の上に、夏の猛暑が加わって、相当に衰弱しているのだということだった。
 幼犬の頃、お参りの度に草履を玩具にして噛みまくり、履けなくしてしまったのが昨日のようなのに、いつの間にか老衰するまでになっている。
 翌日は、お盆の最終日。無論その日も多忙で、日暮れにようやくお参りが終わり、やれやれと寛いでいるところへ、電話があった。出てみると、昨日の最後のお宅からだった。「あの子が亡くなりました」。重い声がした。
 14歳で死んだ大型犬は、子どもがいない夫婦にとっては、子どもそのものである。「明日の昼に火葬するが、その前に、あの子のお葬式をして欲しい」と、要請された。それも、人間と同じような葬儀をという依頼である。
 16日の朝。いつもの年なら、お盆明けで、何もしていないときに、法衣が入った重いカバンを抱えて、ラブラドールレトリバーの葬儀に向かった。「人間と同じように」と頼まれて、考えた末に、とりあえず、華麗な七条袈裟を纏うことにした。イヌとして14年の生命を終えた亡骸は、お仏壇の前に横たえられていて、そこで、お葬式のお勤めを行った。



 これで心置きなく、この子を火葬に出来ると、御礼を言われて帰ろうとしたら、夫婦が次の要請をした。その言葉を耳にしたとき、本当に驚いた。
 なにしろ、「毎週、この子の、七日七日を勤めてやって欲しい」ということなのだから。実際、今までに犬や猫の葬儀を勤めてくれという依頼は何度もあったが、中陰までというのは初めてで、ペットの家族化もここまで来ていることを実感した。
 四十九日経って、秋風が吹く頃に行われた、満中陰法要は盛大なものだった。住職として、8月16日以来のことを振り返ってみて、一貫して割り切れなかった思いがある。「やっぱり人間と犬は違うだろう」という疑問である。
 信心がなければ浄土には生まれない、とすれば、「この子」に信心はあったのか。阿弥陀さまの心は届いていたのか。分からない。だから、犬も人間と同じように、お浄土に生まれ、仏となるのかと問われれば、「分かりません」としか答えようがない。
 しかし、1つだけ確実なことがある。夫婦は「わが子」である愛犬の死によって、仏縁に遇うようになった。2人に繋がる何人かもそうだ。
 14年生きて、そうして死んだラブラドールレトリバーは、間違いなく多くの人間を、仏とは何か、浄土とは何かについて、その教えに触れるきっかけを遺して去った。やはり、犬の姿をした仏の化身と思うことにしよう。間もなく、1周忌を兼ねた初盆がやって来る。

   月刊誌「御堂さん」編集長 大阪市北区・光明寺住職  菅 純和
スポンサーサイト



お盆2012

「笠地蔵」    菅 純和

 全国的にはどうか知らないが、大阪にはお盆は2度ある。8月15日を中心とするお盆と、8月23・4日の地蔵盆である。
 浄土真宗は弥陀一仏であり、阿弥陀如来以外の諸尊を礼拝することはないはずだが、地蔵盆のときの、地蔵菩薩だけは例外扱いされている。
 私の寺では、近在の6ヵ所の地蔵尊を、23日と24日に振り分けてお参りしていたが、その地蔵盆のことを「子どものお盆」と呼んでいた。お地蔵さんの前にむしろが敷かれ、その上に山盛りにお供えされた果物やお菓子をねらって、早くおつとめが終わらないかと、多くの子どもたちが、汗臭い身体を寄せながら取り巻いていた。
 今は、4ヵ所に減ってしまったことより、そうした子どもたちが見られなくなり、大人ばかりのお盆になってしまっていることが物足りなくもあり淋しくもある。
 地蔵盆が、子どもたちのお祭りであった頃に、忘れられない思い出がある。私自身も、確か小学校の低学年だったときだ。絵本で見た、「笠地蔵」の物語に心惹かれた。言うまでもなく、売り物の笠を雪の中で寒かろうと、お地蔵さんに被せて果報を得る話だが、子ども心に、爺さんが羨うらやましくてならなかった。
 思いが昂(こう)じて、とうとう物語の爺さんの真似をした。但し、季節は冬ではなく真夏である。近くにある6体の地蔵尊の中で、5体は木の厨子に納まっているが、裏の堤防の、阪急の鉄橋の傍に立つお地蔵さんだけは露天である。だから気の毒に思えた。
 カンカン照りの直射日光はさぞ暑かろうと、何か日除けになるものを考えた。そうすると、おあつらえむきのものが見つかった。庭のヤツデの葉である。大きさがお地蔵さんの頭部を覆うのに適当である。
 IMGbon.jpg
ある日、実行した。いよいよお地蔵さんに近寄って、ヤツデを被せるときの異様な興奮は、今もはっきりと記憶の中にある。
 そして夜、裏口の戸を叩く音を待った。今か今かと聞き耳を立てていた。今の小学生はどうであろうか。私は、お地蔵さんがご恩返しにと、宝物がぎっしりと詰まった箱を届けてくれるはずだと、本気で信じていた。
 当然、その夜は何も起こらなかった。次の日、お地蔵さんを見に行くと、誰かが外したのか、それとも風に飛ばされたのか、ヤツデの笠はなくなっていた。もう1度試みようという気は、それきり起こらなかった。
 それから長い年月が経って、今、私は住職として、毎年、その露天のお地蔵さんにお参りしている。必ず、ヤツデの笠を頭にのせたときの興奮と、その夜の落胆を思い出す。私に爺さんと同じ結果が訪れなかったのはあたりまえ。雪の中で爺さんがやったことは、無償の行為だった。最初から見返りなんて求めてはいない。一方、私はと言えば、爺さんと同じ宝物が欲しいという卑しい根性だった。欲の深い子どもだった。それも、爺さんと自分との違いが分かるまで相当の時間を要した。
 思えば、あれも欲しいこれも欲しいという、欲の連続であるこの人生。欲深い子どもがそのまま大人になり、今年の夏も、露天のお地蔵さまと向き合っている。

                  月刊誌『御堂さん』編集長 本派 光明寺住職  


会員のご寺院でこのしおりをご希望の方は、残部ございますので事務局まで。

報恩講2011

『報恩講によせて』
              山本攝叡

 今年は真宗各派で、それぞれ宗祖親鸞聖人750回大遠忌の法要がつとめられている。今から50年前、まだ私は中学生であった。当時京都の学校へ通っていたが、本願寺の境内がいつもと違うように飾られているさまが、おぼろげながら印象に残っている。そして次の50年後、私はまちがいなくこの世にいない。
 私の父方の祖母は、大正のスペイン風邪で亡くなっている。大正10年5月22日と過去帳にある。私にとって、「顔も知らぬ」祖母であった。生まれや人柄などなにも知らないが、終焉の地は金沢の下町であった。私の父は数え年でも12歳である。
 幼い父を残して亡くなった祖母の、ただ一つの願いは、一生に一度でいいから、「京都の本願寺にお参りしたい」であったという。

 『慕帰絵詞』によると、覚如上人は21歳のとき、東国(関東)巡礼の旅に出られている。その理由は「本願寺先祖勧化し給ふ門下ゆかしくおぼゆる」からであった。当時まだ、親鸞聖人の直弟たちがかの地におられたのである。人びとに出会い、勧化の地をめぐることによって、聖人のすがたを偲び、それを目の当たりにしたいというのが、東国巡礼の目的であった。聖人に会いに行かれたのである。
 宗教と巡礼は不可分であるが、真宗とて例外ではない。江戸時代、すでに種々の案内書が書かれている。明治から大正にかけて活躍された妙好人たちも、盛んに聖地を訪ねているが、いずれにしてもそれは、聖人のすがたを偲ぶ、聖人を訪ねる旅だったのである。
 有名な赤尾の道宗は、毎朝は我が家で、月一度は寺で、そして年一度はご本山での参拝を欠かさなかったというが、そのときにも、ご真影さまへの「挨拶」と表現している。本山の中心は、やはり御影堂なのである。50年に一度の大遠忌は、その総決算なのであった。
ところで今は、バスや電車、飛行機が使われての参拝であるが、あまりの便利さが、巡礼の意味を見失わせてはいないか。生涯京都へ出ることのなかった「顔も知らぬ」祖母の方が、より身近に、日々聖人のことを慕っていたのではなかったろうか。
 
今、そんなことを考えている。

お盆2010

「やめなはれ」       管 純和

 藤沢修平の小説はいい。骨太でいながら、読み終えたとき、何とも言えない爽快感が残る。
映画化もされ、テレビドラマにもなった『蝉しぐれ』の冒頭で、主人公の牧文四郎が、隣家の娘の指を噛んだヘビを殺した後、どれだけ洗っても掌に残る生臭さを気にしている場面が描かれている。
 私は、この作品を原作で読むより先に、テレビドラマ化されたものを観たのだが、食膳を前にした文四郎が、何度も掌を嗅いでいるシーンで、幼い頃に嗅いだヘビの生臭さを、はっきりと思い出していた。
 確か小学校の三年生か四年生のとき。夏の夕暮れだった。本堂の横手に手水鉢があり、その傍らに大人の背丈の倍ほどのビワが植えられていた。ちょうどお盆のときでいあちこちの墓石に供えられた線香の煙が自く立ち昇り、風がそよとも吹かないむし暑い大気の中に、つんと鼻をつく墓参り用の太い線香独特の匂いが、強く濃く漂っていた。
 夕陽に照らされて、鈴なりの実が黄金色に輝いているビワの木を見上げると、子どもでも手を伸ばせば届くような高さの枝に、大きなヘビが巻きついている。アオダイショウである。尻尾を掴んで巻きついているのを解こうとした。だが、ヘビの巻きつく力は強く、満身の力を込めても動じない。子どもとは、ときに生き物に対して驚く程の残酷さを見せるものだが、そのときの私もそうだった。
 力負けした腹いせに、足元にあった石を拾って、ヘビを打ち殺そうとした。石を持つ右手を振り上げたとき「ぼん、やめなはれ」と、声がした。



 振り返ると真白な髪をきちんと束ねたお婆さんが厳しい顔をして立っていた。母が常々、「あのお婆ちゃんは古い檀家さんやで」と言ってる、いつも優しく微笑んでいるあの小柄なお婆さんである。
 でも、そのときのお婆さんは怖い顔をして私に近づき、「ぼん、お盆には殺生したらあきませんのやで」と諭した。私がうなだれて石を放すと、お婆さんはいつもの優しさになり、「偉いなぼん、ヘビのお母ちゃんが喜んではるで」と言って去って行った。
 気がつくと、アオダイショウは枝を離れ、葉の茂みの中にその姿を隠していた。両の掌に妙なぬめりが残っているので嗅いでみると、とても生臭く、どれほど石鹸で洗っても拭えなかった。そんな馬鹿なことはないのだが、それから半世紀近く経った今でも、生臭さが掌にあるような気がして、ふと掌を鼻に持って行くときがある。
 そして毎年、お盆が来ると「殺生してはならぬ」という声が、重い響きとなって蘇って来る。あのお婆さんにとって、お盆とは、生き物を殺してはならぬ時期であったのだろう。それはきっと、お盆という行事が、この国で始められて以来、姿を変え、形を変えながら、脈々と受け継がれて来た精神であるのだろう。
 だから私も、誰かにお盆とは何かと問われたら、殺生を慎む日だと答えることにしている。

                             本派 光明寺住職 月刊誌『御堂さん』編集長

お盆2011

「肩車」 管 純和
 『地獄』という邦画は複数ある。新しいのは確か十数年前に公開されたが,ここでいうのいうのは古い方。
1960年というから、もう半世紀も前に作られた映画で、カラーであることを示すのに、「総天然色」という
鳴り物入りの言葉が使われていた頃の作品である。
日本最初のホラー映画と評され、監督が中川信夫という、怪奇映画を撮らせたらピカ一の人で
あったなどということを大人になってから知ったが、当時9歳だった私には、夜も眠れぬくらい
怖い映画だった。
 リウマチの症状が進んで歩行困難になり 、滅多に外出をせぬ祖母が、珍しく孫の手を引いて、
この映画を観に出かけたのは、昔の人が勧善懲悪の教育のために、子どもにお寺の地獄絵を
見せたのと同様の目的があったのかも知れない。面白いことに数日の内に学校の教室で、
「俺も見た」という子が続出し、見たという子は皆、青い顔をしていた。それが揃いも揃って
ワルガキであって、しかも一様にしばらくの間は大人しかったことを思えば 、大人たちの
もくろみは成功だったのだろう。

 そうはいっても、大人になってDVDで見直すと、前半はこの世の地獄が描かれ、後半はあの世の
地獄が描かれているというストーリーなど 、子どもの誰しもが理解出来ていなかった。
ただ、皮剥ぎの刑などという身の毛がよだつリアルな描写に心底怯えた。
こんな世界があれば大変だ、死んでこんな血みどろの暗い世界に堕ちたらどうしようと本気で心配した。
だが、祖母はぬかりなくもう一つの教育を施した。
「怖いなあ。そやけどうちには阿弥陀さんがいてはるから大丈夫やで」。
 それを聞いて、映画に描かれた地獄の様子が頭に浮かぶと決まって本堂に行って
阿弥陀さんの前に座って手を合わせた。
阿弥陀さんは、映画で嵐勘十郎が演じていた,あの閻魔大王より強いのかと思うと安心した。
 一体、「南無阿弥陀仏」とは何なのか。この上なく尊い阿弥陀仏の名告りだから、それはどう説いても
説き尽せない。しかし、子どもの頃、映画の地獄に怯え、今なお自分をどう省みても、
日々、地獄に堕ちる業を積み重ねているとしか言いようのない凡夫の私には、いつか聞いた、
「南無阿弥陀仏と書いてみよ、南無は私である。ちゃんと阿弥陀さまが下にいて、堕ちぬようにして下さって
いるではないか」という説法が、1番納得出来るし、有り難くもある。
閻魔大王より遥かに強い阿弥陀さまが、己の重力で下に堕ちて行くしかない私を,ガッチリと
肩車して支えて下さっている。おまえの信心とは何だと問われたら、肩車されているのだとしか
答えようがない。

 それにしても 、お盆になると、祖母に連れて行かれた映画を思い出すのは何故だろう。
多分、「お盆には地獄の釜が開く」という伝えからの連想だろう。罪人を責める地獄の鬼たちも
閻魔大王から暇を貰って、故郷に帰って行くのだろうか。それとなく阿弥陀さんに手を合わすように
仕向けてくれた祖母も、毎年怖い映画の思い出と共に、お盆になると胸の内に帰って来てくれている。

プロフィール

真宗協和

Author:真宗協和
垣根を外して楽しいつどい
みんなで聞こうまことのみのり
お念仏の輪をひろげましょう

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR