FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖跡巡拝2012

senju8.jpg
takadaho2.jpg
shenju7.jpg
恒例の聖跡巡拝旅行を4月12日から13日の一泊二日で開催しました。教団連合のご本山で順次お勤まりになった宗祖親鸞聖人の750回忌法要の9番目として、4月16日まで勤められている、真宗高田派本山専修寺(三重県津市)の「開山聖人七百五十回遠忌大法会」に参拝しました。
僧侶だけでなく門徒や門前町の人が協力して勤められていて、参加者20人も手厚い歓迎を受けました。

境内の宝物館では、聖人ご真筆の「三帖和讃」(国宝)などの特別展観があり、力強い筆遣いに、聖人をより身近に感じたことです。kyouwaryo2.jpg
宿泊は三重県の湯の山温泉。二日目の昼食は「和田金」で松阪牛のすき焼きを堪能し、懇親を深めました。
kyouwaryo3.jpg
スポンサーサイト

真宗同朋の集い 2011

難波別院本堂の改修のため、同朋会館に遷座されたご本尊の前でお勤めをいたしました。
douhou1.jpg
douhu2.jpg

御俗姓の拝読です。
douhou3.jpg

今年の講師。会員で興正派宗務総長の藤井浄行氏。
douhou4.jpg

大谷派、高田派、仏光寺派、本願寺派、興正派。各代表が臨席されての祝宴。
douhou5.jpg

なごやかに恒例の大抽選会。約90名のご参加でした。
douhou6.jpg

北インド ラダックツアー詳細

昨年の国際貢献事業により、ラダック尼僧協会さまに立派なコミュニティーホールが完成しました。杮落しに招待され、8月17日から6日間の日程で、当会会長や役員以下16人で訪問しました。
同協会は尼僧の地位向上と教育のためにパルモ師らが創設されたもので、事務所は北インドラダック地方のレー市にあります。

シャンティー・ストゥーパの建つ丘から望むラダック風景。平地でも標高3,500mほど。

india10.jpgindia11.jpg

シャンティー・ストゥーパ。日本の日蓮宗さんが建てた。
india2.jpg

レー空港に出迎えて下さったパルモ師(前列右から3人め)と。
india4.jpg

ラダック尼僧協会外観。2階が大阪真宗協和会の出資により完成したコミュニティーホール。
india5.jpg

当会緒方正弘会長(左)と、ラダック尼僧協会のパルモ師。
india3.jpg
india12.jpg

当日は、そこに暮らし学ぶ尼僧さんや近隣の信者さんら、総勢約100人が出迎えてくださいました。
十代の尼僧さんらの読経は胸に沁み、式典に参列した私たちは一様に感動しました。
india20.jpg
india6.jpg
india7.jpg
india8.jpg

india13.jpg
india14.jpg
india15.jpg
india21.jpg
india22.jpg
尼僧であり、医師でもあるパルモ師は、今後の運営方針として、尼僧たちに仏教と同時に医学の教育を施し、地域の健康に奉仕する計画を持たれています。
その一環として製薬工場の建設も視野に入れておられます。
ただ、資金が不足しており、パルモ師は広く協力を呼びかけておられます。



節談説教布教大会2011

先日の北御堂での節談説教の模様です。
fusid5.jpg
fusid1.jpg

本堂に500名、ホールには300名の聴衆があったそうです。

fusid2.jpg


1席終わるごとに会場を移動される方も。750回忌にふさわしい行事でした。

fusid3.jpg

北インド・ラダックへの旅行

北インド・ラダックへの旅行。おかげさまで16名のご参加をいただきました。説明会並びに顔合わせの懇親会を行いました。

setumei.jpg
プロフィール

真宗協和

Author:真宗協和
垣根を外して楽しいつどい
みんなで聞こうまことのみのり
お念仏の輪をひろげましょう

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。