FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幻の四箇法要再現

10月11日(体育の日)に、大阪市中央区の本願寺津村別院白洲
で、大阪真宗協和会五十周年記念法要が親鸞聖人七百五十回忌と併
せて勤修されました。
sika1.jpg
 法要は、真宗興正派和鳴会と四天王寺楽所雅亮会の出勤を得て、
四箇法要で執り行われました。四箇法要とは慶讃祝寿の最高の法儀
とされ、最近ではあまり勤められなくなった声明と舞楽を融合させ
た作法です。四箇とは即ち唄匿、散華対揚、梵音、三條錫杖(真宗
では願生偈)の声明と、振鉾、萬歳楽、登天楽、長慶子の舞楽演奏
が交互に行われ、都会のビル街の真ん中に幽玄かつ壮麗な異空間が
出現したようでした。当日は午前八時に会場設営がはじまり、十時
には全スタッフが集合しました。おかげさまの晴天に感謝しつつス
タッフは自分の持ち場に。
十一時には雅亮会と和鳴会が参集し、最終打合せのあと装束衣躰を
着用してからは本番まで緊張の時間が流れました。実は、雅亮会と
和鳴会が一緒に出勤するのはこの日が初めてで、代表者による会議
や書面での打ち合せは綿密に行われていたものの、全員が顔を合せ
るのも初めて。いわば「ぶっつけ本番」だったのです。しかしなが
ら両会の普段からの研鑚の成果が表れ、法要は粛々と進行されまし
た。
 出勤者だけでなく、白洲を埋めた三百人の参拝者からも「素晴ら
しいご縁に会わせていただきました」との声をいただきました。ま
さに僧俗一体となり、宗派の垣根を越えることのできたひと時でし
た。
 緒方正弘会長(西区・大琳寺=本派)は挨拶の中で、五十年前を
振り返りつつ、要素が変わっても社会不安がなくなった訳ではない
と、会の発展に向けた決意を表明し、来賓を代表された養藤了文氏
(真宗教団連合事務総長)は、五十周年を祝うとともに、これから
の五十年をどう歩むべきかを共通の課題にしようと提唱されました。
           (正信大等 阿倍野区・幸西寺=興派)

DSC_05571.jpg

法要に参加して 
十月とは思えない陽気の中、大阪真宗協和会五十周年記念法要が
お勤まりになりました。
 秋晴れの青空の下、声明の旋律と平安時代より受け継がれてきた
雅楽のメロディが交互に交わるなか、様々な装束を着けた荘厳でダ
イナミックな舞をもってみ仏を供養する姿は、かつて奈良県當麻町
(現・葛城市)で拝見した当麻曼荼羅そのものでした。
 当日ご出仕いただいた四天王寺楽所雅亮会のみなさんは、「聖霊
会(しょうりょうえ)舞楽大法要」という、四天王寺の四箇法要に
は毎年参加していますが、この度の法要もそれに勝るとも劣らない
絢爛豪華な法要でした。
 浄土真宗ではめったに勤められることのない四箇法要に出仕させ
ていただきながら、私の頭に浮かんだのは、『仏説阿弥陀経』で描
かれる世界、お浄土の有り様でした。
 陽光きらめく屋外の特設舞台で繰り広げられた声明、舞楽の数々
はまさに「成就如是 功徳荘厳」の世界を目の当たりにした想いで
す。
 ある方は「合理的な説明が常に求められる現代社会ですが、説明
のつかない世界にこそ、なんだかよくわからないがありがたい、手
の合わさる本当のものがあるのでは」と感動を語っておられました。
私も、今回の法要に参加させていただき、その想いを強くしたこと
です。
 そのような素晴らしい法要形態が、私の所属する本願寺派ではす
でに失われたことが残念でなりません。「温故知新」。この記念法
要をきっかけとして、大遠忌法要のひとつの在り様として味わって
いただければと思いました。
          (新發田恵司 天王寺区・長願寺=本派)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

真宗協和

Author:真宗協和
垣根を外して楽しいつどい
みんなで聞こうまことのみのり
お念仏の輪をひろげましょう

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。