FC2ブログ

北インドの旅

北インドの旅ラダック6日間
八月十七日出国、同月二十二日帰国の日程で、北インド・ラダック旅行の参加者を募集しています。標高三千五百メートルの高地に伝承された、チベット仏教の聖域。尼僧協会の会館落慶式典や交流会のほか、岩山に点在する僧院を専用車で巡拝します。
八月十七日出国、同月二十二日帰国の日程で、北インド・ラダック旅行の参加者を募集しています。標高三千五百メートルの高地に伝承された、チベット仏教の聖域。尼僧協会の会館落慶式典や交流会のほか、岩山に点在する僧院を専用車で巡拝します

旅行代金278,000円
昨年結成50年を迎えた大阪真宗協和会では、記念国際貢献事業としてNPOアーユス仏教国際協力ネットワーク
関西支部さまの協力により、北インド・ラダックの尼僧協会さまに200万円の寄付をいたしました。
同協会は、劣悪な環境により充分な教育も受けられなかった当地の尼僧らの地位向上のために、
1996年にチベット伝統医師でもあるツェリン・パルモ師らふたりの尼僧によって設立されたものです。
昨年8月に当地を襲った集中豪雨と洪水のため、地域は甚大な被害を受けました。寄付金のうちおよそ1割は若い尼僧らの教育と生活資金として活用され、残り9割は長年の念願であった研修施設の建設に使われたそうです。
これは尼僧さんの研修のほかにも、地域住民にも開放され、今後の地域発展の拠点として活用されることでしょう。
この度パルモ師より施設完成のご報告と落慶式典へのご招待をいただきました。
当会としてはこの機会に有縁の皆さまと訪問し、ともに慶びを分かち合いたいと思い、ご案内申し上げる次第です。LER-3.jpg
チベット仏教を伝承する天空の聖域へ
ラダックはデリーから飛行機で1時間弱。世界の屋根ヒマラヤとカラコルム
ふたつの山脈の狭間に位置する高度3,500mの高地です。
本場チベットでもすでに衰退し、また変質しているといわれるチベット仏教を
継承されていて、岩山にしがみつくように点在する僧院(ゴンパ)で修行に励む
僧侶や、ここでしか見られない極彩色の砂絵マンダラは、まさに天空の聖域と呼べます。
日本人が殆ど訪れない場所で、今回のご案内は希少な機会です。どうぞアナタもご一緒しましょう。
cu070621a6.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

真宗協和

Author:真宗協和
垣根を外して楽しいつどい
みんなで聞こうまことのみのり
お念仏の輪をひろげましょう

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR