FC2ブログ

お盆 2013

「分からない」……だけど
 
 お盆だからといって、何も特別なことはしないはずの浄土真宗でも、やっぱりお盆は忙しい。忙しい昨年の8月14日のことだった。
 朝からお参りに出かけて、ようやくその日の最後の1軒となった。そのお宅では、お勤めしていると、必ず後ろで、カチャカチャという音が聞こえて来る。
大きなラブラドールレトリバーが室内で飼われていて、お勤めが始まると、奥から出て、仏間にやって来るのが、廊下を進む独特の爪音で分かるのだ。
 ところが、その日はお勤めが終わるまで、その足音が聞こえない。どうしたことかと尋ねてみると、14歳という老齢の上に、夏の猛暑が加わって、相当に衰弱しているのだということだった。
 幼犬の頃、お参りの度に草履を玩具にして噛みまくり、履けなくしてしまったのが昨日のようなのに、いつの間にか老衰するまでになっている。
 翌日は、お盆の最終日。無論その日も多忙で、日暮れにようやくお参りが終わり、やれやれと寛いでいるところへ、電話があった。出てみると、昨日の最後のお宅からだった。「あの子が亡くなりました」。重い声がした。
 14歳で死んだ大型犬は、子どもがいない夫婦にとっては、子どもそのものである。「明日の昼に火葬するが、その前に、あの子のお葬式をして欲しい」と、要請された。それも、人間と同じような葬儀をという依頼である。
 16日の朝。いつもの年なら、お盆明けで、何もしていないときに、法衣が入った重いカバンを抱えて、ラブラドールレトリバーの葬儀に向かった。「人間と同じように」と頼まれて、考えた末に、とりあえず、華麗な七条袈裟を纏うことにした。イヌとして14年の生命を終えた亡骸は、お仏壇の前に横たえられていて、そこで、お葬式のお勤めを行った。



 これで心置きなく、この子を火葬に出来ると、御礼を言われて帰ろうとしたら、夫婦が次の要請をした。その言葉を耳にしたとき、本当に驚いた。
 なにしろ、「毎週、この子の、七日七日を勤めてやって欲しい」ということなのだから。実際、今までに犬や猫の葬儀を勤めてくれという依頼は何度もあったが、中陰までというのは初めてで、ペットの家族化もここまで来ていることを実感した。
 四十九日経って、秋風が吹く頃に行われた、満中陰法要は盛大なものだった。住職として、8月16日以来のことを振り返ってみて、一貫して割り切れなかった思いがある。「やっぱり人間と犬は違うだろう」という疑問である。
 信心がなければ浄土には生まれない、とすれば、「この子」に信心はあったのか。阿弥陀さまの心は届いていたのか。分からない。だから、犬も人間と同じように、お浄土に生まれ、仏となるのかと問われれば、「分かりません」としか答えようがない。
 しかし、1つだけ確実なことがある。夫婦は「わが子」である愛犬の死によって、仏縁に遇うようになった。2人に繋がる何人かもそうだ。
 14年生きて、そうして死んだラブラドールレトリバーは、間違いなく多くの人間を、仏とは何か、浄土とは何かについて、その教えに触れるきっかけを遺して去った。やはり、犬の姿をした仏の化身と思うことにしよう。間もなく、1周忌を兼ねた初盆がやって来る。

   月刊誌「御堂さん」編集長 大阪市北区・光明寺住職  菅 純和
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

真宗協和

Author:真宗協和
垣根を外して楽しいつどい
みんなで聞こうまことのみのり
お念仏の輪をひろげましょう

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR